Victorias ゴルフクラブの調査  2018/09/30(日)

バコロドの北にバスで2時間かかる所にゴルフクラブがあります。

バコロドのNegros Occクラブ(通称マラパラゴルフ)が余りにも値上げがひどいので他のゴルフクラブを調査してみることにしました。

プレイメンバー費が1.7倍に値上げ。キャデイフィーが350から500ペソに値上げ。

アンブレラガールも250から300ペソに値上げです。

現在、フィリピンのインフレーションは凄まじいです。

このマラパラゴルフクラブは、メンバー会員がシュガーケーンのオウナー(砂糖キビ畑の地主)で金持ちです。

中国人の華僑が衣食住の商売をしていて、例えばホテル、レストラン、衣料品店のオウナーで金持ちです。

だから多少の値上げに文句を言わないのでしょう。

このネグロス島は、砂糖キビの生産で他の島より金持ちが多いです。

そこでNegros OCCには、ゴルフクラブが3つもあります。

だからマラパラでもいいけれどVictoriasも見たいと思い雨が降らない日が続くので出かけました。

バコロドからビクトリアスまでCeresバスで約2時間でバス代は、34ペソでした。

比較的安いので安心しました。ビクトリアス市に着いて主なバス停で降りました。

トライシクルの運転手にビクトリアス・ゴルフ場は知っているかと聞くと、知っているよ、往復80ペソだと言うのですぐに出発しました。

大通りからくねくね曲がった道路を進んでクラブハウスに着きました。

意外に簡単に着いたので驚きました。

今日は日曜日でオフイスのスタッフが休みで代わりにキャデイマスターの人がおり、その人に聞きました。

プレイメンバーフィーは、約34、000ペソでした。

グリーンフィーは、平日800P、休日1000.キャデイフィーは400、アンブレラガールは300でした。

カートは、1000でした。

早朝からプレイ出来るそうです。フエアウエイは、芝生で綺麗な緑でした。

一人の客がプレイしていました。

メンバーは、それほど多くなさそうでした。

ここでプレイするのに最大の問題は、ビクトリアス市にアパートがあるかどうかです。

トライシクルのドライバーは、アパートが沢山あると言ったので彼に案内してもらいました。

最初に行ったのはホテルで、800から1000でした。エアコン、CR、ベッドも完備でした。

ホテルは2軒見ました。それからアパートですが、最初の所は満杯で次の所は狭いようでした。

最後に言った所は,感じの悪い中国人で、2回の2ルームを見ましたが、暑そうでホットシャワー無し、小さなエアコン、小さなTVと小さな冷蔵庫でした。

値段は、15,000Pだそうで高すぎます。

この町にアパートが少ないので競争が生まれないのです。

ここが観光地ならアパートが増えるでしょうが、ゴルファーのビジターがたまに来るような所です。

アパートがあれば、トライシクルと契約して行き帰りが何とかできそうですが、車があれば便利でしょう。

そういうわけで今のところ、ビジターで来てプレイしたいゴルフ場でした。

日本人のゴルファーがバコロドでも少ないですから、一人で来てもつまらないでしょう。

とにかく百聞は一見にしかずで事情が良くわかりました。

ビクトリアスには、まだ精糖工場があります。

このコースは、1954年にオープンしたそうです。

72ホールの綺麗なコースでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

にほんブログ村

ブログ王

ブログの殿堂

カテゴリー:日記 ブログランキング

i2i

サイト内ランキング



このページの先頭へ