インターネットの接続が悪かった理由  2016/2/11

先週からずっとインターネットの接続が悪くて、どうしてだろうと思って困っていました。

天候のせいだろうかと思う時もあって土曜日、日曜日は接続が全く悪く、月曜日に良いといった状況でした。

悪い時は、配線コンセントを抜いたりして繋がるし、全く接続出来ないわけではないのでコンピューター修理店に持っていこうか、それとも修理技術者に連絡しようかと考えていました。

何故、技術者に連絡しないかというと、SMARTの技術者は、いつも高い費用を請求するから嫌いで、領収書を出さないし、

親切で優秀な技術者が少ないのです。

私のパソコンは、屋上にSMART BROのアンテナを立てて室内まで配線しています。

この前は、屋上の配線が雨で一部腐っていて取り換えてもらいました。

とにかくフィリピンのお客さんに対するサービスは最低で嫌いなのです。

この前、SMART BROのオフィスに行って修理を頼んだら、PLDTに行ってくれと言われ

仕方なくPLDTのオフィスに行って修理を頼んで来ました。

何故かというとPLDTは、SMARTを子会社にしたそうです

しかし、技術者は来ませんでした。

そして益々接続が悪くなったので、今日、技術者に連絡しようと思って、アパートのオフィイスで電話してもらおうと思い、オウナーの娘さんに頼みました。

そしたら、SMARTのオフィスのカストマーサービスに電話してくれました。

驚いたことに係員は私のコンピューターの接続をオフにしたと言うのです。

どうしてと聞くと2015年11月に11月の代金999ペソを未払いだからと言いました。

しかし、その請求書は娘さんが持っていました。

私が11月に日本に行っていた時に渡す事が出来なくてそのままになっていたのです。

こちらは、それを知らず未払いでしたが、しかし、今年の1月分は、2月5日に払っているのです。

未払いなら何故、お客さんに連絡しないのか?

また、ブロードバンドは電波を広範囲に流すのですから、一人のお客の接続をオフには出来ない筈だと疑問に思いました

日本でなら、オフにするときは、お客さんに未払いのためオフにしますと連絡する筈です。

フィリピンはお客さんのことは、あまり考えません。

いきなり切ったら客が困るだろうなどと考えないのです。

銀行も、モールも電話会社も電力会社も皆同じです。

そこで娘さんにどうしてキャッシャーは、私に告知しなかったのかというコンプレインを手紙に書いてもらい、SMARTのオフィスに行き、カストマーサービスの人に会い、いま11月分を支払うから今日、使えるようにしてくれと言って払って来ました。

部屋に戻ってパソコンを起動すると接続の問題がなくなりました。

本当に私のアンテナだけに電波を止めることが出来るのかまだ疑問が解けませんでした。

この記事も今、書いています。

パソコンに問題が生じて使えないとイライラして本当に困ります。

2週間にわたる問題が解決してほっとしています。

やはり現地の人に現地語で話してもらった方が解決が早くうまくいくことが身にしみてわかりました。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

にほんブログ村

ブログ王

ブログの殿堂

カテゴリー:日記 ブログランキング

i2i

my日本

サイト内ランキング



このページの先頭へ